レース

ニールセンがチャレンジ・シリーズに参戦

ニールセンがチャレンジ・シリーズに参戦

チャレンジ・シリーズでランキング上昇中のニクラス・ニールセンは現在23才、最年少のフェラーリワークスGTドライバーです。WECシーズンが8月16日に再開した際、彼はスパ・フランコルシャン6時間レースに自身のフェラーリで参戦する準備が整っていることでしょう。今回、彼はFerrari F8 Tributoのステアリングを握りながら、自分のキャリアと成果について語ってくれました。

Andrew Cotton

レースに関して言えば、ニクラス・ニールセンのフェラーリでの世界耐久選手権デビューは、ほぼ完璧なものでした。デンマーク人の彼は、フェラーリ・チャレンジを卒業すると、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズから世界耐久選手権へと進み、2019/20年シーズンのWECシルバーストーン戦では、ポール・ポジションを獲得するとともに、決勝で最速ラップを記録、そしてLMGTE Amクラスで優勝を飾りました。

現在23才のニールセンは、フェラーリがGTプログラムのために採用した最も新しいドライバーであり、フェラーリのチームに在籍する10名の中のひとりです。彼は以前のキャリア(カート)において、シャルル・ルクレール、マックス・フェルスタッペン、ジョージ・ラッセル、ランス・ストロールなどのトップドライバー達と対決しました。2014年、彼はヨーロッパ・カート・チャンピオンシップでいくつかの重要な成功を収め、カラム・アイロットに次いで2位となりました。彼に続いたのは、現在マクラーレンのドライバーを務めるランド・ノリスです。

ニールセンはアウディでGTレースのデビューを果たし、アウディ・スポーツ・レーシング・アカデミーに1シーズン参加、その間、GT3のテスト・デイを経験しました。しかし、彼はフェラーリで参戦することを夢見ていたのです。あるとき、デンマークにある大きなフェラーリ・インポーターに彼が連絡をすると、フェラーリ・チャレンジにフォーミュラ・レーシング・チームを参戦させていたそのインポーターは、ムジェロで開催する2017年のフィナーリ・モンディアーリに彼を出場させることにしました。そこでの彼の活躍は素晴らしく、出場した双方のレースでポール・ポジションを獲得したうえに、 それぞれのレースを制したのです。これがきっかけとなり、彼は、フェラーリのアッチヴィタ・スポルティーバGTを指揮するアントネッロ・コレッタに注目されることになりました。コレッタは、「ニコラスがカートの分野で最高のドライバーのひとりであったこと、そして、現在F1のトップチームで活躍しているドライバー達と戦っていたことを覚えています」とコメントしています。

ニールセンにとって、フェラーリからの参戦は明快なことでしたが、簡単なことではありませんでした。「主にアマチュアのドライバー達ですが、多くの人達には『フェラーリ・チャレンジなんかで得るものがあるの?』と聞かれました。多少の迷いはありましたが、最終的には、そういった意見に耳を貸さないことにしました」と、ニールセンは振り返ります。「私は、チャレンジでレースすることは非常に有益な体験だと考えています。それは、チャレンジがワンメーク・レースとしてはGT3に最も近い体験ができるからです」。その結果、ニールセンは圧倒的な強さを見せ、2018年のヨーロッパおよび世界シリーズを制します。これにより、コレッタはニールセンの成長を個人的に注目するようになりました。

コレッタは、ニールセンがヨーロピアン・ル・マン・シリーズでファビアン・ラヴェルニュおよびアレサンドロ・ピア・グイディと戦い、6戦中4勝したことも見逃しませんでした。この素晴らしい戦績によって、ニールセンはFIA世界耐久選手権のドライバーに起用されることとなり、AFコルセでフランソワ・ペロドおよびエマニュエル・コラールとともにLMGTE Amカテゴリーに参戦しました。ニールセンは、シリーズのデビュー戦となったシルバーストーン戦で輝きを放ちました。

そして、このシーズンの1歩1歩が、ニールセンの成長につながったのです。「昨シーズンのあらゆることが、私にとっては大きな出来事でした」と、ニールセンは話します。「これほど重要で、大きなレースを体験したことはありませんでした。WECのシルバーストーン戦は、忘れることができません。フェラーリで初参戦することとなった世界選手権において、予選で最速ラップを叩き出したうえに、決勝で優勝できたのには驚いています」。

ニールセンの夢は、いつかフェラーリでフルタイムのプロ・ドライバーになることです。しかし、物事には順序があります。「今は、WECのチャンピオンシップのシーズンを良い成績で終わらせることに集中しています」と、彼は語ります。「私の大きな目標は、フェラーリに多くの勝利をもたらすこと、素晴らしい仕事をすること、フェラーリのためにトロフィーを獲得すること、そして、いくつかのチャンピオンシップで優勝することです。でも、一番の目標はプロ・ドライバーの座を得ることです」。

 

Ferrari