レース

スペシャル・ギフト

スペシャル・ギフト

5人のコンペティツィオーニGTドライバーがFerrari F60で走行

多くの人にとって、F1カーのコックピットに座ることは生涯の夢です。ゴーカートでの最初の走行から、それはドライバーが熱望する魅力にあふれた目標となります。さらに、そのシングルシーターのカラーがレッドで、イエローを背景にする跳ね馬が付いている場合は、非常に特権的な少数の人々の夢と目標を表します。F1フェラーリを運転することは喜びと責任を伴い、ごく一部のエリートのチャンピオンのみがこれを享受してきました。

フィナーリ・モンディアーリに続くこのクラブでは、ジェームス・カラド、アレッサンドロ・ピエール・グイディ、ダニエル・セッラ、ミゲル・モリーナ、トニ・ヴィランデルの5人の新しいメンバーを迎えました。ムジェロでは、クラブ・コンペティツィオーニGTのカスタマーと、記憶に残るシーズンの報奨として特別賞を受賞した5人の公式コンペティツィオーニGTドライバーのためのサーキット・アクティビティーが続きます。

「私達には非常に優れたドライバーたちがいるから大丈夫だよ、とよく話します。それは彼らが、業績にとどまらず、フェラーリ車とその性能を改善するために常にチームに協力しようという姿勢も兼ね備えているということです。彼らの献身と、フェラーリのために獲得した勝利に感謝するために、生涯忘れることができないようなサプライズを計画したいと考えました」と、GTスポーツ・アクティビティーの責任者を務めるアントネッロ・コレッタはコメントしました。

このサプライズは、Ferrari F60という形でもたらされました。この車は、前日のフェラーリ・ショーで、スタンドにあふれる28,000人のファンを魅了した一番人気の車です。5人のドライバーは、フェラーリが2009年のF1世界選手権シーズンに使用したこのシングルシーターで、ダブルスティントを走ります。コルセ・クリエンティのチームが見守る中で、彼らは決められたラップを完走しました。

SF60 でのラップタイムについてダニエル・セッラを褒めるジャンカルロ・フィジケラ(左)とアントネッロ・コレッタ(右)。
SF60 でのラップタイムについてダニエル・セッラを褒めるジャンカルロ・フィジケラ(左)とアントネッロ・コレッタ(右)。

「伝統」に従い、最初にドライバーたちはコックピットにシートを合わせるのを手伝います。かなり異例の状況説明がそれに続きます。なぜなら説明するのが、ジャンカルロ・フィジケラ、アンドレア・ベルトリーニ、オリビエ・ベレッタ、ダビデ・リゴンなどの他の公式コンペティツィオーニGTドライバーだったからです。

2013年にフォース・インディアの3人目のドライバーとなったジェームス・カラドが、最初に8気筒F60のステアリングを握ります。カラドは、ダニエル・セッラおよびアレッサンドロ・ピエール・グイディとともにル・マン24時間レースの勝利をもたらし、シーズンに大きなスリルを加えました。彼のいつものFIA WECパートナーであるアレッサンドロ・ピエール・グイディは、あふれ出る悦びを抑えようとはしませんでした。「アレッサンドロのこんな笑顔を見たことは今まで一度もありません」とカラドはからかいます。

2019年は英国出身のカラドにとって忘れられない年となりました: ル・マンで優勝し、フェラーリF1マシンのハンドルを握ったのです。
2019年は英国出身のカラドにとって忘れられない年となりました: ル・マンで優勝し、フェラーリF1マシンのハンドルを握ったのです。

ポルトガルからムジェロまでダッシュしてきたグイディは、「子供の頃からの夢でした!」と話します。彼は、わずか数時間前にヨーロピアン・ル・マン・シリーズで4勝目を獲得して、シーズンチャンピオンに輝きました。F60を運転するスリルは、十分にこれまでの苦労の埋め合わせをしたようです。3人目のル・マン覇者であるダニエル・セッラも例外ではありません。「たとえシェイクダウン走行でも、必要とされるときはいつでもここに駆けつけてきますよ!ブラジルからの始発便だとしても!」と、ジョークを飛ばします。

ドライバーたちは、車から降りるとすぐに、初めて乗った感想と最も驚いた車の特徴について話します。全員に共通していたのは、満面の笑みと観衆を感動させる純粋な熱意でした。ブランパンGTワールドチャレンジ・アメリカで再びチャンピオンに輝いた経験豊富なトニ・ヴィランデルも、感激しながら「このような素晴らしい機会をいただいて感謝します」と述べました。ミゲル・モリーナについても同様で、FIA世界耐久選手権のシーズン中盤に、跳ね馬の公式車でレースに出場するという夢を実現しました。

Ferrari