LOADING ...
人物
05/22/2018

イェンス・リーブハウザー:フェラーリチャンピオンのホテル経営者!

ホテル経営者のイェンス・リーブハウザーは、フェラーリファンを温かく迎え入れる情熱的なフェラーリオーナーです

イェンス・リーブハウザーは、世界最速のビジネスマンの一人です。ホテルチェーンの経営において、スペインとオーストリアアルプスを行き来する中、フェラーリ・チャレンジ・ヨーロッパに出場する時間も生み出しています。長年にわたり、彼は跳ね馬に心を奪われてきました。

「2006年に初めてのフェラーリとして599 GTBを購入しました」と、リーブハウザーは話します。「それ以来、フェラーリなしで過ごすことができなくなりました。ニューモデルが出るとすぐに欲しくなって、大抵は購入することになります。今のところ、812 Superfast、Portofino、GTC4 Lussoを所有しています。年内にはFerrari 488 Pistaが納車される予定です。待ち遠しいですね。」

リーブハウザーは、情熱的なフェラーリ・ドライバーで、コレクターでもあります。 写真: Lennen Descamps

お気に入りを選ぶのは簡単ではありません。「各モデルは、独自の特徴、独自の特性を備えます。選ぶのはとても難しいです。しかし、自分の心の声を聞くと、選ぶべきはフェラーリの本質を体現している812 Superfastだと感じます。このモデルには、驚異的な性能、アイコニックなV12エンジン、そして最も先進的なテクノロジーが備わっています。にもかかわらず、60年代の250GTOを彷彿とさせるクラシックな趣があります。マラネッロのすべての車と同じように、真の逸品です。」

 

「あらゆるニーズに対応するフェラーリ」のコンセプトは、スペインとオーストリアの間を頻繁に移動するイェンス・リーブハウザーによって完全に体現されています。「太陽が降り注ぐスペインではPortofinoのような車が求められますが、イシュグルにはGTC4 Lussoが最適です。私はこのモデルが大好きです。もちろんフェラーリだからということもありますが、特に冬山においては4輪駆動車が重要です。さらに、複数のバッグやスキーブーツなどの装備を運ぶためのスペースも十分に確保されています。誰にでも自己陶酔的な側面があると思いますが、時折、私はホテルの中庭にすべてのフェラーリを展示しています。」

リーブハウザーは、2016年にフェラーリ・チャレンジでデビューしました。

大勢の跳ね馬オーナーがリープハウザーのホテルを訪れます。「彼らをお客様として迎え入れることは、私にとって光栄なことです。フェラーリファンが到着されるときは、はばかることなく特別なお出迎えをします...フェラーリ・チャレンジのレースでも多くの友達ができました。冬季にはほぼ毎週、サーキットで知り合った誰かがこのホテルにいらっしゃいます。」2017年に、イェンスはヨーロッパシリーズのチャンピオンになり、ムジェロ・フィナーリ・モンディアーリの世界タイトルも獲得しました。「私のDNAの中には常にレースがありました。長年にわたってカートに出場し、数々の成功も収めました。

 

その後、子供たちの先頭に立ち続けることは難しくなり、いろいろ探した結果、フェラーリのレースにたどり着きました。とても楽しい選手権です。」488 Challengeのレースを迎えるたび、彼はカスタマイズされたFerrari 488 Pistaを受け取ることに興奮を覚えます。「私は到着までの週を指折り数えています。レーシングカーと多くの共通点があるので、この車を運転するのが非常に楽しみです。

リーブハウザーは、フェラーリですでに2つのタイトルを獲得しています。

グレーのカラーリングを選びました。すべての車を特定の色調のグレー(シルバーストーンマットグレー)で統一しています。出会うのがとても待ち遠しいです。レースでは常にNo. 44を使用しています。」リープハウザーは、フェラーリのニューモデルが発表された際、それを最も柔軟に受け入れる顧客の一人です。「見過ごすことは難しいです。簡単に抵抗することはできません。フェラーリを限界まで走らせてテストし、スリル満点のパフォーマンスを求めるのが好きなのです。投資の対象として人気が高まりつつあっても、クラシックカー市場には魅力を感じません。

 

私が中古のフェラーリを購入するとしたら、F1クリエンティのシングルシーターしかありません。この贈り物をいつか自分自身に与えることになるかもしれません...」