情熱

グランド・ツアラー

グランド・ツアラー

私たちは有名なデザイン評論家のスティーブン・ベイレイとイラストレーターのマイケル・フリスに対して、『グランド・ツアー』に向けたオマージュを想像して欲しいとお願いしました。華々しいFerrari Romaに乗っていることをイメージしながら。

スティーブン・ベイレイ

グランド・ツアラーがフェラーリのラインナップに加わる3世紀前、イギリス人貴族と文芸作家らは、『The Grand Tour(グランド・ツアー)』として知られるようになった、文化を巡る旅行に繰り返し参加していました。その目的地は大部分がイタリアです。勇敢で好奇心旺盛なそれらの人々は、ベネチア、フィレンツェ、ローマ、ナポリを訪れました。どの目的地も、Dr.ジョンソンのような著名な日記作者に対して豊富な観察対象をもたらしたり、バイロンとキーツといった才能ある詩人らにインスピレーションを与えた場所です。

歴史家のエドワード・ギボンは、ローマを訪れたことで自身の大作『The History of the Decline and Fall of the Roman Empire(ローマ帝国衰亡史)』を書き始めました。イタリアでロックダウンが敷かれたこの春、オフィシャル・フェラーリ・マガジンは、イギリスの有名なデザイン評論家であるスティーブン・ベイレイを招き、自身がFerrari Romaを運転しているところをイメージしていただくとともに、前述した勇敢な旅行者らの足跡を辿りました。マイケル・フリスの素晴らしいイラストが添えられたストーリーをお楽しみください。

Ferrari