情熱

シューマッハのフェラーリでの初勝利

シューマッハのフェラーリでの初勝利

エンジン・トラブルに見舞われたにもかかわらず、シューマッハは1996年のスペインGPにて、スクーデリア・フェラーリ移籍後初の勝利を獲得しました。

1996年5月19日、モンテカルロ市街地コースでモナコGPが開催されました。予選では、ミハエル・シューマッハのFerrari F310がポール・ポジションを獲得。市街地コースのようなユニークなサーキットで、F310がまたしてもその素晴らしさを遺憾なく発揮しました。決勝当日、モナコ公国には小雨が降り注いでいましたが、それはファンの確信を一層強めるだけのものでした。なぜなら、そのドイツ人は、ウェット・コンディションで常に最速を誇るドライバーの1人だったからです。ところが、予期せぬ事態が発生します。スタートで失敗したミハエルはトップの座を奪われると、ウィリアムズのデビッド・クルサードを追っている最中、ポルティエ・コーナーで過剰なスピードを出したために濡れた縁石でスリップし、ガードレールに衝突したのです。彼は、「私は絶好の機会を台無しにして、重大なミスを犯してしまった」と話したうえで、 「チームのみんなには感謝している。フェラーリのファンには借りを作ってしまったよ」と続けました。

ウィリアムズ-ルノー FW18のジャック・ヴィルヌーヴを追い抜くミハエル・シューマッハ。1996年スペインGP にて。 写真: ゲッティ・イメージズ
ウィリアムズ-ルノー FW18のジャック・ヴィルヌーヴを追い抜くミハエル・シューマッハ。1996年スペインGP にて。 写真: ゲッティ・イメージズ

2週間後、スペインでその借りを返す機会が訪れました。ドライ・コンディションで行われた予選は、そのシーズン中ずっとそうであったように、ウィリアムズが支配しました。ジャック・ヴィルヌーヴより0.4秒、そしてシューマッハより約1秒先んじたデイモン・ヒルがポール・ポジションを獲得したのです。しかし、決勝当日は土砂降りの雨が降っていました。レースは、セーフティーカーの先導で始まるかに見えましたが、間際になってレース・ディレクターが通常通りにスタートできると判断しました。

カタルーニャ・サーキットのずぶ濡れになったアスファルト上を各マシンは用心深く走り出しました。シューマッハは特に慎重な滑り出しだったため、最初のコーナーに差し掛かる頃までにはチームメイトのエディ・アーバインを追うかたちとなり、順位を7位にまで後退させていました。そうこうしている間に、ファースト・ラップだけで5台ものマシンがリタイアしたことから、レース・ディレクターの判断が全くの見当違いであったことが明らかになりました。アーバインもスピンとエンジン故障により、2周目でレースを終えます。

激しい雨の中、リードするミハエル・シューマッハ。1996年スペインGP にて。 写真: ゲッティ・イメージズ
激しい雨の中、リードするミハエル・シューマッハ。1996年スペインGP にて。 写真: ゲッティ・イメージズ

シューマッハは、3周目で早くもベネトンのゲルハルト・ベルガーと4位争いを繰り広げますが、同じ頃にトップを走るヒルがスピンを喫したため、その対決はすぐに3位の座を争うものとなりました。その後、ヒルは再度スピンをしてピット・ウォールに衝突したことから、リタイアを強いられてしまいます。これにより、ヴィルヌーヴは、ベネトンのもう一人のドライバーであるジャン・アレジを抑えてトップを走ることになりました。シューマッハは4周目にベルガーを抜いて3位に順位を上げると、その後、猛スピードでこのフランス人ドライバーを追い掛けます。

ジャンは雨のレースを得意としましたが、その日はミハエルにツキがありました。彼はたちまちベネトンのスリップストリームに入り、9周目までには2位に浮上したのです。そして、前を走るヴィルヌーヴとのタイム差もわずかでした。その後、たった3周でフェラーリのカーナンバー1番がトップに躍り出ることになります。さらに、13周目までには、ヴィルヌーヴとの間に4秒もの差を付けることができました。速いラップ・タイムで他のドライバーに大差を付けたミハエルは、 そのレースを完全に支配していました。彼が14周目に叩き出した1分45秒571というタイムが最速ラップを記録したのです。残りのドライバーの中で最も速いラップを刻んだジョーダンのルーベンス・バリチェロに対し、2.2秒のタイム差がありました。

1996年モナコGP のミハエル・シューマッハ。 写真: ゲッティ・イメージズ
1996年モナコGP のミハエル・シューマッハ。 写真: ゲッティ・イメージズ

傍から見ると、すべてが順調に進んでいるかのようでした。しかし、実際には、シューマッハの快進撃の裏で、彼のマシンが積むV型10気筒のTipo 046型エンジンはトラブルを抱えていたのです。この10気筒というのは、連盟がすべてのメーカーに課した気筒数です。実際、18周目でシリンダーのうち1本か2本が水の侵入により動作しなくなっており、事態を理解できる人なら誰もが故障を危惧し始めるほどでした。

24周目、エンジンは再び正常に作動するようになったものの、その7周後にはまたもや心配な音がするようになりました。先頭を走るミハエルと、2番手で追随するアレジとの間に1分あった差は45秒にまで縮まりましたが、その日はミハエルがハッピーエンドを迎える運命にあったようです。トップでフィニッシュラインを通過したのはF310でした。スクーデリアでの初勝利を果たしたシューマッハは、その後2006年の中国GPまでの10年間で、フェラーリに通算71勝をもたらすことになります。

Ferrari