情熱

デビューと最初の 1 勝

デビューと最初の 1 勝

1930 年のミッレミリアとトリエステ - オピチーナでの勝利

フェラーリはエンツォ・フェラーリは、最初から明確なアイデアを持っていました。それは、彼のスクーデリアをミッレミリアという特に名誉あるレースでデビューさせることでした。3 台の Alfa Romeo 6C 1750 GS が 1930 年 4 月 13 日に開催されたレースに参戦しました。カーナンバー 62 にはマリオ・タディーニとエウジェニオ・シエナが、 カーナンバー 85 にはルイジ・スカルフィオッティ(後のイタリア GP チャンピオンのルドヴィコの父)とグリエルモ・カラローリが、 そしてカーナンバー 90 にはアルフレド・カニアートとカルロ・ソッツィが、それぞれドライバーとして乗り込みました。しかし、どのペアもフィニッシュラインには届かず、レースは思惑と異なる結果に終わりました。

 

すばやい復活。

スクーデリア・フェラーリが、この敗北を挽回するのに長くはかかりませんでした。6 月 15 日、スクーデリアはトリエステ - オピチーナに参戦しました。これは、トリエステのダルマツィア広場からカルスト台地に位置するオピチーナのオベリスクに至る 7.4 km で競うヒルクライム・レースでした。このルートは非常に高速なものであったため、「登りのモンツァ」として知られるようになり、スクーデリアは真の伝説のドライバーとして知られ、直前にイタリア王冠勲章を受けたタツィオ・ジョルジョ・ヌヴォラーリを迎え、Alfa Romeo P2 でスリリングなレースをファンに披露する準備が整いました。実際にレースを観戦した残り少ない証人達は、このチャンピオン・ドライバーは、難所のカヴァ・ディ・ファッカノーニ・コーナーにスローダウンすることなくフルスピードで突っ込み、ダート路面のグリップの低さを逆手に取って、アクセルから一瞬も足を放すことなく完璧にコントロールされたスキッドでコーナーを抜けたと言います。

 

平均速度記録。

ヌヴォラーリは、メカニックのフランチェスコ・セヴェーリの協力を得て、スクーデリア・フェラーリを初優勝に導きました。同時に、彼は 95.151 km/h の平均速度の新記録を樹立しました。これが、今日に至る数々の勝利の最初の 1 勝でした。

Ferrari