情熱

We RaceでF1の未来を描くフェラーリ

We RaceでF1の未来を描くフェラーリ

レースへの情熱を描いたスクーデリア初のコミックストリップ。その最初の設定は、ブレードランナーのような世界です。

ゴードン・ソルリーニ

時は2057年。私たちが知っている世界はもう存在しません。世紀の変わり目に、気候の大変動が変容をもたらしました。それによって地球の表面は変化し、新しい大陸が創造されていく一方、古い大陸が一掃されてしまったのです。生き残るための苦労を長年にわたって重ねてきた人類は、新しい世界を創造しました。荒廃した旧市街は、緑豊かな森林と澄み切った水域に囲まれ、ガラスと炭素繊維のタワーが立ち並ぶ新しい大都市に生まれ変わりました。気候は安定し、地球は回復しました。この新たなルネッサンスによって新しい世界がますます未来にフォーカスするようになる中、かつての情熱が再び姿を現します。

ミステリアスなレガシーレーシング・チームは、謎めいた工場で、チャンピオンを獲得するための新しいシングルシーターを開発しています。
ミステリアスなレガシーレーシング・チームは、謎めいた工場で、チャンピオンを獲得するための新しいシングルシーターを開発しています。

自動運転車(すなわち、複雑なアルゴリズムで駆動される、知覚を持った車両)が道路を支配し、輸送だけでなくレースにも革命をもたらしました。フォーミュラ・ニューという新しい選手権が旧世界のカーレース選手権を引き継ぎます。新しいF-Machカーは、人工知能を備えたダイナミックコントロールシステム(ドライバーに対しての支援)、溝が大胆に刻まれたタイヤとそのタイヤにパワーを伝達させる4WDシステム(トラクションの最大化)、さらには垂直ウイングレット(方向安定性の向上)など、各種の革新的な技術を採用しています。

 

フォーミュラ・ニューは、20年先を見越した最初の重要な大改革を行い、すべての車が自動運転機能を備えなければならないという革命的な新規則を導入します。これにより、人間のドライバーは、マイナーリーグのみに参加するか、違法なサーキットで勇気を試すことになります。さらに、新しいフォーミュラ・ワープがフォーミュラ・ニューに代わることで、モータースポーツの概念を根底から揺るがすような急進的な変化がもたらされました。人間のパイロットが乗っていなければ、衝突しても怪我をする心配がないため、車はとてつもない危険を冒すことができます。それは純粋なスペクタクルに他なりません。

スクーデリアの新型マシンの名はS.A.N.D.I.。非常にハイスピードのマシンです。
スクーデリアの新型マシンの名はS.A.N.D.I.。非常にハイスピードのマシンです。

一方、観客のためのイノベーションの中には、VIS.IOバーチャルリアリティー・ヘッドセットがあり、ファンたちは、これを利用することで運転席や7台のカメラからの高解像度な映像でレースの生中継を観戦することができます。過酷なサーキット、極端なレースコンディション、未来的な車両。フォーミュラ・ワープは、人間のあらゆる限界を超えた、忘れることのできない経験を提供します。しかし、変わらないことがいくつかあります。これまでと同様、選手権では限られたレーシングチームが主役となるのです。ここで、時間は2095年まで一気に進みます。フォーミュラ・ワープは一新され、謎めいた工場で、チャンピオンを獲得するための新しいシングルシーターが組み立てられています。

 

選手権の歴史そのものを永遠に変えることを目的とした特別なモデルです。少なくとも、ルーカス・ホスと呼ばれる考案者はそれを望んでいます。ホスは、新興スクーデリアであるレガシーレーシングの中心人物であり、彼の冒険は伝説になりつつあります。以上は、スクーデリア・フェラーリが昨年の3月に始めた未来のレースを題材とする新しいコミックストリップ、We Race(weracecomic.ferrari.com)の設定です。その目的は、魅力的なストーリーを作成することだけでなく、スクーデリア自体の価値を伝えるための新しいチャンネルを見つけることにもあります。

新しいF-Machカーは、人工知能を備えたダイナミックコントロールシステムで、サーキット上のドライバーをアシストしています。
新しいF-Machカーは、人工知能を備えたダイナミックコントロールシステムで、サーキット上のドライバーをアシストしています。

テクノロジーと車を中心に構築されていますが、実際は、人生最大の挑戦をしながら自分自身の恐れに立ち向かう若いドライバーの物語です。今日のF1レースと同様、何にもまして、情熱、コミュニティー、チームワークの重要性を物語っています。これらすべての価値観は、現在のF1レースとレーサーによって共有されています。そして今日の状況と同様、We Raceの中でも、各種の原則、価値観、考え方といった、世代から世代へと受け継がれていく遺産が重要な要素のひとつとなっているのです。

 

これまでの2シーズンのコミックストリップがオンラインで公開されています。イタリアを代表するコミックストリップの作家とイラストレーターが完成させた作品です。We Race 2057(全4章)は、文:ジュリオ・アントニオ・グアルティエリ、イラスト:リッカルド・ブルキエッリ。一方のWe Race 2059 (全6章)は、文:ラファエレ・ コンパニョーニとジュリオ・アントニオ・グアルティエリ、イラスト:ジャンマロ・ヴェロネージです。カバーアートはフランスのカルロマーニョが担当し、ジュゼッペ・カムンコリが全体のアートディレクターを務めます。さらなるエピソードを作成中ですので、ご期待ください!

Ferrari