LOADING ...
ライフスタイル
11/15/2017

MoMAのフェラーリ

フェラーリが近代美術館で話題を独占した当時を振り返る

1990年代初頭、世界の一流美術館のひとつが壁面にレーシングカーを吊るして展示した時、それは因襲を打破する衝撃的な行動のように思えました。ニューヨーク近代美術館 (MoMA) は、「Designed for Speed:3台のフェラーリ車輌」という非常に自明なタイトルを付けたショーを開催しました。そして四半世紀後の現在、このようなイベントはエキシビションの主流となりました。

 

3台のうちの1台は、エンツォのモデルの中でも最も歴史の古い車輌のひとつ、166 Barchettaでした。続いてF40。この人々の心を揺さぶるようなスピードを強調したフォルムを特徴とするモデルは、当時まだデビューしてわずか7年目でした。そして3台目は、1990年のフォーミュラ1カー、 Tipo 641です。後にフェラーリのシンプルなレーシングモデルの命名法に従って、一般的にはF1-90として知られているモデルです。

 MoMAのショーに展示される A Ferrari 166 MM と Ferrari F40

エキシビションでは、カーボン製のモノコックタブをはじめ、リア・サスペンション、“パドル・シフト” セミートマティック・ギアボックス、V12エンジンなどを単体展示することで、フォーミュラ1カーのテクノロジーの奥深さを強調しました。一般はもちろん、ライバル・チームであってもこれらのアッセンブリーの全貌を見る機会はめったにありません。

 

 

このフォーミュラ1カーは、フェラーリから美術館に贈られたもので、それ以来ずっとそこに展示されています。この車輌は2002年のエキシビション、「AUTObodies: Speed, Sport, Transport」の展示作品の一部にもなりました。そして現在では、その機能、美学的観点、そして芸術的な面からも、最も美しいレーシングカーのひとつとして認識されています。これを目にしたF1ファンは、きっと感動するはずです。

 

もちろん、この車輌にまつわる神話の多くは、アラン・プロストとナイジェル・マンセルという、偉大なドライバーがステアリングを握りレースを戦ったことで創出されたものです。プロストは、シーズン5回の勝利を飾りました。そして終盤、優勝決定戦となった日本グランプリで、スタート直後にアイルトン・セナに接触されてワールド・タイトルを阻止されるというF1史に残るエピソードも有しています。

インスタレーションを監督するMoMA建築&デザイン部門のクリストファー・マウント氏 

MOMAでは、F1-90およびそのパーツに加えて、開発当初のテクニカルスケッチも展示されています。これらのスケッチは、1989年までスクーデリア・フェラーリのテクニカルディレクターを務め、先代モデルのTipo 640(F1-89)もデザインしたジョン・バーナード氏の手によるものです。

 

この車輌のパワーユニットは、ターボ時代終焉とともに復活したフェラーリの自然吸気V型12気筒で、パドル操作のセミオートマチック・トランスミッションを搭載しています。フェラーリが先鞭をつけたこの革新的なシステムは、瞬く間にフォーミュラ―1の世界に波及し、その後ロードカーにも装備されるようになったデバイスです。

 

バーナード氏は、2002年のエキシビションでのオーディオガイドでこう語っています。「私は、車輌をビイジュアル的に良くするのが好きなのです。ですから私はメカニカル面からの要求に応じる一方で、ラインとシェイプを融合させて流れるようなフォルムに仕上がるように注意を払いました」

 ギャラリーの壁を飾る Ferrari F1-90

MoMaに展示されているF1-90は、前年型よりもわずかにホイールベースは延長されています。V12エンジンとギアボックスの冷却系は見直しが図られ、シーズン半ばに換装された排気量3,500ccの進化版エンジンは、出力580 cv/ 12,750rpmを達成しています。

 

前年型F1-89のボディワークのいくつかの直線的なラインが、F1-90ではより微妙な曲線に変更されています。その目的はエアロダイナミクス効率を改善することでした。これによって車輌は、クリーンな美しさを際立たせる結果となりました。

 

このような、多くのファンの心を虜にするフォーミュラ1カーの美しさは、最近、複雑化の一途を辿るエアロダイナミクス理論によって完全に失われつつあります。

 

要するに F1-90 は、ゴージャスなエレガンスを備えていると同時に、卓越した性能も遺憾なく発揮するようデザインされているのです。オリジナル・エキジビションのプレスリリースには、1909年のフィリッポ・マリネッティの有名な「未来派宣言」から、驚くほど預言的な言葉が引用されています:「世界中の豪華な美は、ニュー・ビューティー、『スピード』によって、より豊かなものになってきています」



ライフスタイル
フェラーリを愛したヌーヴェルヴァーグのスター、ジャン=ポール・ベルモンドに贈る 詳細を読む 
08/08/2016
ライフスタイル
70年前、クリエイティブな才能で世界を変えた人物は、エンツォ・フェラーリだけではない 詳細を読む 
03/13/2017