車輌

純粋な興奮

純粋な興奮

新型SF90 Spiderによって、フェラーリは走りの興奮をまったく新しい異次元のレベルにまで引き上げます。

クリス・リース

どのフェラーリを運転する場合でも、ドライビングは興奮に満ちた体験となります。ですから新型SF90 Spiderを運転するとなれば、その高揚感は純粋な興奮とも言えるレベルに達することでしょう。

歴代で最もパワフルなF90 Stradaleによってフェラーリがすでに証明している通り、個々のドライビングはどれも幻覚作用を引き起こす体験です。新型SF90 Spiderに乗る場合、あなたはすべての感覚を再び調整し直す必要があるでしょう。 プロダクト・マーケティングを指揮するエマヌエレ・カランドは次のように話しています。「すべてはドライバーと車が一体になれるように設計されているのです。2つのボディと1つの魂は、純粋な走りの興奮を呼び起こすのに必要となる究極のエッセンスを発見させてくれます。それは、あなたにとって絶対に忘れることのできない体験です」。

ルーフが閉じられている時、Ferrari SF90 Spiderの軽量化されたRHTはエレガントなフライング・ブリッジの下に収まっているいっぽう、V8エンジン・ベイ全体が完全に外から見える状態になっています。
ルーフが閉じられている時、Ferrari SF90 Spiderの軽量化されたRHTはエレガントなフライング・ブリッジの下に収まっているいっぽう、V8エンジン・ベイ全体が完全に外から見える状態になっています。

SF90 Spiderのリトラクタブル・ハードトップ(RHT)には特別な能力が備わっています。あなたの周囲を流れる風、頭上に広がる果てしない空、そして最も重要な要素となるであろうフェラーリならではのピュアなサウンドによって、あなたの感情を最大限に揺さぶることができるのです。

フェラーリの技術部門を指揮するミハエル・ライターズは、次のように詳しくコメントしています。「走りの興奮は、サウンドなくして語ることはできません。低回転域は バリトンで、高回転域は ソプラノです。スリリングな金属的サウンドが響き渡ります。まるでシンフォニーです。速度を上げるほど大音量が欲しくなります。では、新たな次元に話を移しましょう。これが、新次元のサウンドです」。

聴こえてくるのは、SF90 Spiderで新たな高みに達しただけのサウンドトラックではありません。フェラーリの独創的なRHTのコンセプトは、走行中であってもわずか14秒でオープントップ走行に切り替えられることが意図されています。コンパクトさが際立つRHTは、全体のシルエットの中に美しく統合されています。これについてデザイン部門を指揮するフラビオ・マンツォーニは、次のように詳述しています。「このモデル特有のフライング・ブリッジ上に設けられた2つのリヤ・バットレスは構造上の重要なエレメントであって、私たちがスリングショット効果と呼ぶ前方への緊張感を生み出します」。

ルーフの開閉に関わらずユニークなシートと調整可能な電動リヤスクリーンのおかげで、乗車時の快適性のために細心の注意が払われています。
ルーフの開閉に関わらずユニークなシートと調整可能な電動リヤスクリーンのおかげで、乗車時の快適性のために細心の注意が払われています。

軽量化が図られているにもかかわらず、このRHTは、ルーフを閉じているか開いているかに関係なく、乗車時の快適性を最大限に高めてくれます。キャビン内のエアフローを最適化することについては多大な努力が注がれていて、オープントップ走行の際は、調整可能な電動リヤ・ウインドウによって高速走行時でも優れた快適性を確保できるようになっています。

フェラーリとしては当然のことですが、エアロダイナミクス性能もきわめて進化しています。数多くの革新的装備に含まれるものとしては、アクティブ制御を採用したリヤのshut-off Gurneyと、F1マシンを想起させるプロファイルの鍛造ホイールがあります。車速が250 km/hの時点で発生する390 kgのダウンフォースは、ロードカーにとっての絶対的なベンチマークです。

SF90 Spiderのプロフィールは独特のドラマチックな感覚を持ち、車両が静止している時でさえ「スリングショット効果」と呼ばれる前方への緊張感を生み出します。
SF90 Spiderのプロフィールは独特のドラマチックな感覚を持ち、車両が静止している時でさえ「スリングショット効果」と呼ばれる前方への緊張感を生み出します。

このほかにも注目すべき特徴があります。エンジン・ベイ全体が完全に外から見える状態になっているのです。これによってV8ターボ・エンジンは、見事なまでにデザイン・パーツの一部と化しています。最高出力780 cvの圧倒的なパワーを誇るこのエンジンは、3つの電気モーター(リヤに1基、フロントに2基)のアシストを受けることから、車両の総出力は1,000 cvという他に類を見ないほどの大きさになりました。このプラグイン・ハイブリッド・システムは、他の量産型スパイダーを一切寄せ付けないレベルのパフォーマンスを約束します。

そのうえ、SF90 Spiderは運転が驚くほど容易で、走行条件に合わせて車両が出力を調節します。ドライバーが行うのは、eManettinoに用意された4つのモード(eDrive、Hybrid、Performance、Qualify)の中からいずれか一つを選ぶことだけです。4WDシステムが驚愕の加速性能を引き出すことから、0-100 km/h加速と0-200 km/h加速のタイムについては、それぞれ2.5秒と7.0秒をマークしています。

見ごたえのあるリヤ・バットレスはこのモデルのために特別に設計されたものです。それは美学的そして空気力学的見地からも全体のデザインに見事に統合されています。
見ごたえのあるリヤ・バットレスはこのモデルのために特別に設計されたものです。それは美学的そして空気力学的見地からも全体のデザインに見事に統合されています。

フロントに設けられた2つの電気モーターは、改良型のダイナミック・コントロール・システムである『eSSC』と連動するため、コーナー進入時にステアリングを切る際、車両はドライバーをアシストする準備が整った状態になっています。トルク・ベクタリングは、内輪と外輪に対して駆動力を個別に伝達させる機能であり、コーナーの出口におけるトラクション性能を著しく向上させます。また、限界付近での運転操作をより容易にかつ感覚的に行えるように作用するため、ドライバーは自身を持って運転することができるようになります。

車内に目を移すと、『視線は路面に、両手はステアリングに』というフェラーリの理念がはっきりと伝わってきます。高性能なタッチパッドを使ったり、ドライバー自身が「Ciao Ferrari(チャオ フェラーリ)」と発声するだけで、ステアリングから手を離さなくても、ほとんどすべての操作ができるようになっているのです。中央のメータ・パネルは完全なデジタル方式を採用していて、16インチの革新的な曲面型HDスクリーンを備えています。

1,000 cvという他に類を見ないほどの車両の総出力で、0-100 km/h加速と0-200 km/h加速のタイムは、それぞれ2.5秒と7.0秒という驚愕の加速性を引き出します。
1,000 cvという他に類を見ないほどの車両の総出力で、0-100 km/h加速と0-200 km/h加速のタイムは、それぞれ2.5秒と7.0秒という驚愕の加速性を引き出します。

エモーショナルな体験をこれ以上濃密なものにすることは不可能だど思われるかもしれませんが、『アセット・フィオラーノ』を利用すれば、この上なくセンセーショナルな体験をすることが可能です。このアセット・フィオラーノによって、マルチマティック・ダンパー(GTレース由来)や車重を21 kg軽くする各種の軽量パーツに加え、カーボン・ファイバー製のリヤ・スポイラー、さらにはミシュラン製Pilot Sport Cup 2タイヤなどが装着されるほか、ボディがオプションのツートン・デザインになります。

私たちは、SF90 Spiderの真の出来栄えについてセールス&マーケティング・ディレクターのエンリコ・ガリエラに総括してもらったところ、彼は次のように話してくれました。「私たちは、まさしくこの時代を超越しました。それだけではありません。スポーツカーのコンセプトも、そして私たちが『走りの興奮』という言葉によって通常意味する内容も超越し、純粋な興奮を実現させたのです」。

 

新型SF90 Spiderの詳細

オフィシャル・フェラーリ・マガジンを定期購読する

Ferrari