車輌

写真:Justin Leighton

SF90 Stradaleを限界まで追い込む

マラネッロ製の優れた新型ハイブリッド・スーパーカーが、かつてスクーデリアのF1ドライバーであったジャンカルロ・フィジケラをフィオラーノ・サーキットでの「テスト・ドライブ」に誘いました。その走りは、先入観を打ち消すものでした。

Alessio Viola

SF90 Stradaleというモデル名は、密接な関連がありながらも遠くかけ離れた2つのワードが組み合わさったものです。つまり、2019年シーズンのF1マシンである「SF90」に敬意を表しつつ、ロードカーを意味する「Stradale」を組み合わせることで、フェラーリのグランド・ツアラーが積み重ねてきた長きにわたる輝かしい伝統を祝しているのです。

その性能をテストするのに、ジャンカルロ・フィジケラよりも適した人はいないでしょう。というのも、彼のドライバーとしての経歴にも、同じような二重性があるからです。10年前、スクーデリアからF1に参戦した彼は、現在、スピリット・オブ・レース・チームのドライバーとして488 GTEを駆っています。

言うまでもなく、今回のようなドライバーとマシンにとって、フィオラーノのコーナーやストレートは、理想的な出会いの場でした。フェラーリのエンジニアやテスト・ドライバーらが、この最新モデルの秘密を打ち明けるときを除くと、テスト・ドライブは、まるで静かなデュエットのようでした。彼らが打ち明けるべき秘密はたくさんありました。なぜなら、SF90 Stradaleは、各種の新世代モデルのための基礎を構築しているからです。SF90 Stradaleは、フェラーリの将来を決定付けるパラダイム・シフトを呼び起こしますが、かといって、過去を否定するものではありません。結局のところ、伝統とは不変なものではなく、 時代とともに、周りの世界に適応しながら変化しているのです。それ故、現時点では常識外れとも思えることであっても、明日にはもう伝統となっている場合も当然ながらあるでしょう。

SF90 Stradaleは、これまで変更不能と思われていた各種の境界を曖昧にして調和させ、まったく新しいものとして再設定できるよう、入念にデザインされています。まず第一に、1000cvという総出力には極めて強力な象徴的価値が存在しますが、何よりも印象的なのは、その出力を発生させるパワー・ユニットでしょう。実は、複数の賞を受賞しているV8ツインターボ・エンジンを、このモデルのために4.0リッターまで排気量アップさせています。これによってエンジンは780cvを叩き出すことが可能となりました。さらに、3基の電気モーターが220cvを発生させます。3基のうちの2基は前輪を駆動し、残る1基は、V8エンジンと8速デュアル・クラッチ・ギアボックスとの間に配置されています。

フェラーリ史上最高のパフォーマンスを誇るスーパーカーのグリップを握るフィジケッラ 写真:Justin Leighton
フェラーリ史上最高のパフォーマンスを誇るスーパーカーのグリップを握るフィジケッラ 写真:Justin Leighton

ピットに戻ったフィジケラは、 「これはロケットだ!」と声を上げました。そして、車両の優れたコーナリング性能と、特にスロットルに対する非常にシャープなレスポンスにどれほど感動したかを続けて説明してくれます。言うまでもなく、それは前述の電気モーターが迅速にパワーを生み出し、ドライバーにターボラグをまったく感じさせないようにしているからなのです。

電気モーターは、ハンドリング性能をも左右します。最初のコーナリングでそれを実感したジャンカルロは、 「スロットルをいじると、自分の狙ったラインを車両のノーズがほぼ正確にトレースしていくのが分かります」と言います。つまり、このマラネッロ製の最新モデルは、トルク・ベクタリングにより、 後輪駆動の走りと、AWDのコーナリング・スピードを見事に融合させているのです。

近年のフェラーリ・デザインの伝統を破り、SF90 Stradaleは”スラット”ヘッドライトを備えています。写真:Justin Leighton
近年のフェラーリ・デザインの伝統を破り、SF90 Stradaleは”スラット”ヘッドライトを備えています。写真:Justin Leighton

フィジケラは、コックピット内に設けられた数々の新機能や、抜本的な変革の一つとしてSF90 Stradaleでデビューするヒューマン・マシン・インターフェイスについて説明を聞いているうちに、フル電動のeDriveモードに興味を抱き始めました。しかし、サーキット上では本能が勝り、彼は瞬時にマネッティーノのスイッチを「CT Off」に切り替えました。アスファルトはまだところどころ濡れていましたが、それはまったく問題になりませんでした。むしろそのおかげで、跳ね馬の特徴であるスムーズかつ容易なハンドリング性能がこのモデルにも備わっていることが十分に実証されたのです。

また、人間には、古いスタイルに固執する人と、それとは違う考え方をする人といったように、2つのタイプが存在すると感じられることがありますが、SF90 Stradaleは、どちらのタイプも受け入れます。何しろ、このモデルは、伝統に背を向けることなく、新しいものを採り入れているのです。SF90 Stradaleが極めて素晴らしい車両に仕上がっているのは、何よりもそのおかげであると言えます。 

Ferrari